テレビ・インターネット・固定電話という、今や生活に欠かせないインフラを提供する企業として、安定したサービスを提供することがJ:COMの社会的使命です。

最新技術と365日24時間の体制で、お客さまに安心・安全のサービスをお届けします。

お客さまの安心・安全のために

高度な専門知識を持ったエンジニアが、東京、大阪の2拠点で24時間365日、全国のサービスを監視。さらに全国に配置されたエンジニアが、常に迅速に対応できる体制で、高品質なサービスの提供をお約束します。
「ずっと安心・安全」なサービスの提供を使命として、ビッグデータ活用で障害兆候を事前検知する一歩先を見据えた監視やサイバー攻撃対策など、障害を未然に防止する対策にも力を入れています。

サービスエンジニアによる充実したお客さまサポート

多様化したサービスをお客さまに便利かつ安心してご利用いただけるよう、確実な設置工事の実施とご利用方法の丁寧なご説明のため、J:COMではサービスエンジニア向けの技術認定制度を設け、教育にも力を入れています。
また、ご加入後もWEBや電話での対応のみならず、必要時にはサービスエンジニアが訪問対応。万全なアフターフォロー体制のもと、J:COMを通じて豊かな暮らしをサポートします。

便利で豊かな生活の実現へ

2020年の東京オリンピック開催に向けて、4K/8Kテレビが主流になっていくことが予想されます。J:COMではVODの4Kコンテンツ配信、放送と通信を連携させた新しいテレビサービス「ハイブリッドキャスト」への対応、より快適にご利用いただくために操作性や機能を向上させた新STBの導入など、常に新しい技術に対応し、お客さまの“より便利で豊かな生活”をサポートしていきます。


J:COM Wonder Studioでの
4K試験放送