• 未加入の方 新規お申し込み
  • ご加入中の方 変更のお手続き

みなさんは、電気をどこから買っていますか?
「そんなの決まってるじゃないか」
「とくに意識したことないなあ」
なんて声が聞こえてきそうですが、それも当然。これまで一般の家庭で電気を購入するには、お住まいの地域の「一般電気事業者(東京電力など全国10社)」と契約する以外にほとんど選択肢がありませんでした。

ところが2016年4月1日から、このルールが変わります。
政府の登録を受けた事業者であれば、自由に電気の販売ができるようになるのです。
そして、一般のご家庭でも電気を購入する会社(小売電気事業者)を自由に選べるようになります。
これが「電力の小売全面自由化」です。
すでに、ガス会社や石油会社、通信会社など数十社が新規参入を計画しています。

「電力自由化」で、毎日の暮らしが変わる?

多くの企業が電気の販売をはじめると、さまざまな料金プランやサービスが登場すると期待されています。
かつてNTTの民営化と通信自由化が実施されたときのことを思い出してみてください。
各社が通信事業に参入し、さまざまな料金プランやサービスが登場。その結果、みなさんそれぞれに自分の好みで通信会社を選べるようになりましたよね。
電力自由化により、それと同じようなことが起こる……というわけです。

ただし、通信の場合は電波のつながりやすさや回線速度など「通信品質」にバラツキがありましたが、電気に関してはそのような心配はご無用。どの会社(小売電気事業者)を選んでも、電気の品質は同一です。
電線や変電所などの設備は既存の電力会社のものを使用しますし、家の中の配線もそのままで問題ありません。

~「電力システム改革」と「電力自由化」~

「電力の小売り全面自由化」は、電力システム改革の一環です。
日本では「一般電気事業者」がすべてを一括して取り扱っていましたが、これからは一般企業が政府の登録を受ければ参入できるようになります。すでに発電の分野では、1995年から自由化がスタート。販売の分野でも、工場やオフィスや集合住宅など多くの電力を使用する契約者を対象に2000年から自由化が実施されています。ちなみに電力自由化の波は世界に広がっており、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスなどはすでに全面自由化されています。

◆これまでの電力システム
一般家庭への電力の販売は「一般電気事業者」が独占。料金は法律に基づいて各社が決めており、契約プランも数種類に限られています。

◆これからの電力システム
さまざまな企業が電力販売に参入。一般の家庭でも、自由に電力会社を選べるようになります。各社が「お客様に選ばれるための努力」を行うことで、経営の効率化による電気料金の抑制、ガスや携帯電話とのセット販売、時間帯別の料金プランなどさまざまなメリットが期待されます。

どうやって新しい契約先を選べばいいのか?

多くの会社が電力販売に参入し、各社がそれぞれに独自の料金やサービスを提供するとなると、最初はいろいろと迷うかもしれません。もっとも気になるのは料金だと思いますが、新しい契約先を選ぶポイントは他にもいろいろ。各ご家庭の生活スタイルを見極めたうえで、それに合った会社やプランを選んでみてはいかがでしょう。

<電気料金だけじゃない!新しい契約先を選ぶポイント>

セット・パック
各社が提供するさまざまなサービスと電気がセットになったプランが続々と登場予定。なかでも通信料金と電気のセットには要注目です。電気料金と通信費は家計の支出に占める割合が大きくなりがちですから、セット割引を活用することで家計の支出全体での「お得」を目指したいですね。

安心・信頼
電気は生活の根底を支えるものですから、万が一の時に備えたサポート体制も重要。予期せぬ不具合への対応や、カスタマーサポートなどは見逃せないポイントです。

エコロジー
新しく参入する電力小売事業者には、環境に配慮した方法で発電した電気を仕入れているところもあります。電気の品質そのものが変わるわけではないですが、エコな電気を仕入れている会社のシェアが増えることで、地球への負担が減ることになります。

<出典>
経済産業省 資源エネルギー庁「電力の小売り全面自由化の概要」
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/pdf/summary.pdf
経済産業省 資源エネルギー庁「電力システム改革について」
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/pdf/system_reform.pdf
電気事業連合会「海外諸国の電気事業」
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/index.html

「J:COM 電力」だからできること