ダイバーシティ推進への取組み

J:COMグループでは、企業理念「すべての人を大切にする」のもと、性別・年齢・国籍・経験・技能・ライフスタイルなど、多様な個性や価値観を尊重し、様々な人材がもつ能力を十分に発揮できる環境を目指します。
多様な人材が能力を発揮することで、幅広いお客さまのニーズ、環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、企業の成長と従業員個人の幸福の実現が可能になると考え、ダイバーシティ推進に積極的に取組んでいます。

  • ワークライフバランス推進

    多様な人材が十分に能力を発揮できるよう、働きやすい環境を整えるため、ワークライフバランス推進に取組んでいます。

  • 女性活躍推進

    結婚・出産・育児などのライフイベントとキャリアを両立し、生き生きと就業継続できるよう、女性活躍推進に取組んでいます。

  • 障がい者雇用・活躍推進

    働く意志と能力を持つ障がい者、健常者、定年再雇用者など、様々な従業員が共に働き、共に成長する職場の実現に取組んでいます。

    2015年6月
    子会社「株式会社ジェイコムハート」設立
    2015年10月
    特例子会社として認定

  • 高齢者活躍推進

    一定の要件を満たす希望者全員が65歳まで引き続き活躍できる機会を創出します。
    また、定年を迎える前に、退職後を見据えた人生設計を考える機会と情報を提供するなど、公私にわたる豊かな環境実現のサポートに取組んでいます。

  • グローバル人財活躍推進

    変化の激しい放送通信市場で、多様な価値観・視点を取り入れ、企業価値を高めるため、外国籍および海外留学生の採用と育成に取組んでいます。

    海外での採用活動による留学生採用
    2014年度 4名採用
    2015年度 11名採用
    2016年度 8名採用

ダイバーシティ推進ロードマップ