女性が能力を発揮し、活躍できる職場環境を目指し、女性活躍推進法に基づく行動計画を以下の通り策定し、 目標達成に向けた取組みを進めています。

1. 計画期間

2016年4月1日~2021年3月31日(5 年)

2. 目標

管理職に占める女性比率を17%以上とする

3. 取組内容と実施時期

取組1:仕事と家庭(主に育児・介護)の両立支援を実施し、就業継続しやすい職場環境を作る

働きやすい職場づくり

2016年4月以降、継続施策
  • 労働時間の適正な管理(取組み一例:ノー残業デーの実施、一斉消灯など)
  • 年次有給休暇取得促進(長期連休の取得促進)
  • 社内イントラにワークライフバランス専用ページを設け、定期的な情報発信による啓蒙活動

育児・介護者のための両立支援

2016年4月~
育児・介護休業制度の拡充(以下主なポイント)
  • 介護休業:家族一人につき1回・最大1年間⇒分割取得・通算1年取得可能
  • 介護休業中の給与:無給⇒給与の4割を支給
  • 介護休暇:1日単位⇒1時間、半日単位から取得可能
  • 介護短時間勤務:介護休業期間と合算して1年⇒介護休業とは別に5年取得可能
  • 育児休業:子の看護休暇の取得単位を1日単位⇒1時間・半日単位で取得可能
  • (2013年8月)事業所内保育所「J キッズこばとの森」を開設
  • (2015年2月)育児短時間勤務の取得期間を小学校 6 年生終了時までに延長
  • (2015年4月)育児休業前/復職前セミナーを定期開催
  • (2015年8月)ウェルカムバック制(家庭事情による退職者向けの再雇用制度)の制定/育児・介護中の社員を対象とした在宅テレワークのトライアル実施
  • (2015年11月)育児休業中社員への育児タブレット配布により、社内情報の共有及び自己啓発の機会を提供

取組2:女性社員の意識改革及び能力開発を目的とした育成研修を実施

2016年5月~

(以降、毎年開催)

  • 「次世代女性リーダー育成研修」の実施
    次期管理職候補の女性社員を対象に約9ヶ月間にわたる長期選抜型研修
  • 「次世代経営層育成研修」の実施
    経営層育成を目的とした約6ヶ月間にわたる長期選抜型研修(女性社員の参加を積極的に促し、女性幹部社員の育成強化)
2016年10月~

(以降、毎年開催)

  • 「次世代女性マネジメント研修」の実施
    女性管理職を対象としたライン長登用を目指す約6ヶ月間にわたる長期選抜型研修
2017年1月~

(以降、毎年開催)

  • キャリアとプライベートの両立に悩みを抱える30歳前後の女性社員を対象にキャリアセミナー等を開催し、キャリア形成支援及びネットワーク作りの機会を提供

取組3:女性活躍推進に対する上司(管理職)の意識改革を実施

2016年4月~

(以降、毎年開催)

  • 経営層セミナーの開催
    ダイバーシティ推進のもととなる企業理念実現のため、経営層を対象としたセミナーを2ヶ月に一度開催
2016年10月~

(以降、毎年開催)

  • 組織長(本部長クラス)面談の実施
    女性管理職や女性ライン長の計画的登用に向け、各組織長と人事による意識合わせのための面談を実施
  • 管理職向け(MGRクラス)ダイバーシティマネジメント研修の実施
    約1,700名を対象に女性活躍推進への理解を深め、積極的な育成・登用を促進

取組4:女性活躍推進に対する全社的な理解度・浸透度を高める

ロールモデルの創出

2016年4月~

(以降、継続実施)

  • 顧客接点部門における女性ライン長(組織長及び副組織長)への積極登用
    (2018年3月末までに女性ライン長数を 2015年3月末比2倍以上とする)
  • 女性チーム組成やチームリーダーへの女性登用などトライアル実施

全社的な啓蒙活動

2016年4月~

(以降、継続実施)

  • 毎年1回女性活躍推進に関する社員意識調査を実施し、女性活躍推進の効果測定及び その進捗度合を社員へ公表
  • 女性活躍推進のベストプラクティスやロールモデル組織・社員を社内報及び社内ポータルサイトで紹介