サービスエンジニア(SE)

テレビ・インターネット・電話・モバイル・電力など、生活に欠かせないインフラを提供する企業として、安定したサービスを使命とするJ:COM。

J:COMの技術スタッフの中でもお客さまと直接コミュニケーションをとるSEの業務は多岐にわたります。


日本全国3,600名のサポート体制

サービスエンジニア(SE)の仕事

  • 電柱から同軸ケーブルを宅内に引き込む工事
  • 宅内でケーブルテレビを映すための機器(セット・トップ・ボックス)やインターネットモデムなどの接続、設定、操作説明
  • 障害が起きた場合の原因究明や復旧作業
  • 「テレビが映らない」「パソコンの使い方が分からない」など、お客さまがお困りの際の訪問サポート

サービスエンジニアのサポート力

お客さま訪問前のオフィスでは、仲間とともに事前準備を徹底。念のため、すべての予備品を所持して出発します。当日のサポート内容を前もって確認し、万全の準備を整え作業に向かいます。

お客さま宅の状況はさまざまなので、マニュアル通りにはいかないことも。そんな時も、安心・安全を第一に工事の基本を守りつつ、お客さまのご要望に合わせてフレキシブルにサポートします。

電線付近(高所)での作業や、配線の知識が必要なJ:COMの工事。「工事担任者」「電気工事士」「低電圧電気取扱者」など、電気や通信に関する資格取得を推進しており、常にJ:COMのプロとして責任をもって対応します。

サポート現場を支える力

チーム力でサポート

サポートは、チームの力で。ひとりでは解決に時間がかかる作業も、それぞれの得意分野を活かしたチームの知見を結集し、速く、正確に対応します。これがJ:COMのワンチームスピリット!

最新機器でサポート

毎日多くの訪問作業を行うので、お約束の時間に完了できるよう安全性とスピード感の両方が必要。「1分1秒でも速く」を支えるタブレットが「TPad」です。SE全員が手にし、作業の効率を大幅に高めます。

資格でサポート

SEの技術向上に終わりはありません。サポートを安全に、迅速に行うため、日々スキルアップに努めています。毎日の実務に加え経験豊富な社員にも学びつつ、各自がさらなる資格取得に向けてまい進します。

SEを解析!

安定したサービスに加え、
日常にちょっとした驚きや発見をお届けしたい

(株)ジュピターテレコム 東日本技術サポート部 サービスエンジニア(SE) 高井 守

個人情報保護の観点から、社員名は仮名を使用しております。
掲載内容は、2015年12月に取材したものです。

2016年3月30日現在