電力自由化とは

もっとお得に。もっと便利に。電力会社を選ぶ時代がやってきました。

電力自由化って、どういうこと?

2016年4月1日から、電力の小売全面自由化がスタート。政府の登録を受けた事業者であれば、自由に電気の販売ができるようになります。これにより、一般のご家庭でも電気を購入する会社(小売電気事業者)を自由に選べるようになります。
J:COMは2012年からマンション等への電力一括供給を手がけており、その実績を活かして2016年4月1日からは家庭用の電力販売も開始します。

  • 2000年3月 特別高圧 大規模工場など
  • 2004年4月 高圧 中規模工場・スーパーなど
  • 2005年4月 高圧 小規模工場など
  • 2016年4月 全面自由化 低圧 小売店・一般家庭など

電力小売の自由化で、なにが変わる?

多くの企業が一般家庭用の電力販売に参入することで競争が活発化し、ご家庭のニーズに合わせてさまざまな料金プランやサービスが登場すると期待されています。
J:COMはテレビ・インターネット・電話とセットになったお得なプランを提供。全国に展開している地域密着のサポート体制とともに、高品質で安心な電力をお届けします。

J:COM 電力は、ほかの電気と違う?

新しい電力会社(小売電気事業者)に切り替えても、変電所や電線などの設備、屋内の配線は既存のものを使用するので、電気の品質は従来と変わりません。これまでどおり、安定した電気を安全にご利用いただます。すでにお持ちの電気製品も、今までと同様にお使いいただけます。

今まで:地域の電力会社の発電所~地域の電力会社の送配電網~地域の電力会社が販売。これから:地域の電力会社の発電所~地域の電力会社の送配電網~地域の電力会社が販売、または地域の電力会社の発電所~地域の電力会社の送配電網~他の新電力会社が販売、または新電力の発電所~地域の電力会社の送配電網~J:COMが販売

J:COM 電力を利用するためには工事が必要?

J:COM 電力へ切り替えるための工事は必要ありません。カンタンなお申し込み手続きだけで、2016年4月1日以降順次、自動的に契約が切り替わります。
経済産業省の取り組みにより、スマートメーターの一般家庭への設置を各地域電力会社により進められていますが、従来型のメーターでもJ:COM 電力をご利用いただけます。
J:COM 電力では、従来型のメーターをお使いの場合でも、電気の使用量などをインターネットで確認できるサービスを無料で提供します。

スマートメーターのメリット
各地域電力会社で進めるスマートメーター導入
電力使用量を見える化
各ご家庭の電力使用量を計測し、グラフで表示。同時に電気料金もチェックすることができます。インターネットにアクセスすれば、いつでもどこでもご利用いただけます。
従来は一か月単位での電力使用量のお知らせでしたが、スマートメーターが導入されると電力使用量をいつでもどこでも確認できるようになります。
電力使用量を自動検針
これまでは地域電力会社の検針員が電力使用量を目視で確認していました。しかし、J:COM 電力では、遠隔からの自動検針が可能になります。検針員の訪問を気にする心配はありません。

J:COM 電力のお申し込みは地域電力会社の「従量電灯B/C」(関西・下関は「従量電灯A/B」)相当のプランをご契約中の方に限ります。

お申し込みの前に、検針票(電気ご使用量のお知らせ)をご用意ください。

※表示価格は特に記載のある場合を除き税抜です。別途消費税分をご請求いたします。

ページトップへ