4K放送見るには?スタートガイド

4K放送を見るための
2つの方法はこちら

  • アンテナ経由でBSをご視聴の方は、4K対応テレビとチューナーの設置で一部の4K放送を見ることができます。全ての4K放送を見るためにはアンテナなどの設備の交換(改修)が必要です。
  • 4K対応テレビだけでは4K放送を視聴できません。アンテナ・チューナーの設置、または、J:COM(ケーブルテレビ)加入で見ることができます。
  • J:COM (ケーブルテレビ) または、アンテナ経由で見る方法をご案内いたします

J:COM(ケーブルテレビ)で見る方法

ポイント

  • ご視聴はカンタン!J:COMの4K対応チューナをつなげるだけ※1。アンテナは不要です。
  • 設定サポートもJ:COMにおまかせください。
  • 4K画質を楽しむには4K(対応)テレビが必要です※1
  • 4K(対応)テレビがなくても、J:COMのチューナでハイビジョン画質(2K)に変更できるため、4Kコンテンツが楽しめます。
4K(対応)テレビ+4K J:COM BOX(4K対応チューナー)→BS4K・CATV4Kに加え、VODの4K作品も! 4K(対応)テレビ+4K J:COM BOX(4K対応チューナー)→BS4K・CATV4Kに加え、VODの4K作品も!

J:COM TVなら、アンテナ、ブースター、分配器などの機器交換をせずに
BS4K、CATV4K放送を視聴できるのが特長です。

4K対応テレビ※1にJ:COMチューナーを繋げるだけ。
アンテナ不要で面倒な作業もなし。
途中機器の改修(交換)をしなくてもOK! 途中機器の改修(交換)をしなくてもOK!

J:COMで視聴可能な4K放送・コンテンツ

BS4K BS日テレ4K BS朝日4K BS-TBS4K BSテレ東4K BSフジ4K BS4K BS日テレ4K BS朝日4K BS-TBS4K BSテレ東4K BSフジ4K

※J:COMでの「NHK BS8K」は開始時期等を検討中です。

ケーブル4K JSPORTS ザ・シネマ4K ショップチャンネル4K 4KQVC J:COMオンデマンド YouTube ケーブル4K JSPORTS ザ・シネマ4K ショップチャンネル4K 4KQVC J:COMオンデマンド YouTube

※J SPORTSの一部チャンネルは別途有料となります。
※「ショップチャンネル 4K」、「4K QVC」は一部のエリアでご視聴できません。

J:COMで4K放送を見るなら。おすすめポイント

  • BS4K放送が
    視聴可能に!
  • 4Kで楽しめる
    コンテンツが充実
  • 設定やサポートも
    おまかせ!
  • アンテナ不要で
    手間なし!

4K放送がお得に楽しめるプランをご紹介

  • おすすめ

    スマート
    お得セレクト

    テレビ38ch※3以上と
    ネット・電話を
    好みにあわせてセレクト

    テレビ38ch以上

  • お得

    スマート
    お得プラン

    サービスをまとめて
    お得にテレビ101ch※3以上
    を楽しむ

    テレビ101ch以上

  • 新プラン

    スマート
    お得オンデマンド

    動画見放題(メガパック)と
    地デジ、BS・BS4Kが
    お得に楽しめる

    地デジ・BS

料金・プランについて
詳しくはこちら

J:COMをご検討中の方

かんたんお申し込み

J:COMをご利用中の方

サービス追加・変更

料金
シミュレーション

ご加入に関するお問い合わせ

フリーコール

0120-989-970

AM9:00〜PM6:00(年中無休)

「4K」に関するよくある質問

アンテナ経由で見る方法

ポイント

  • 2018年12月から始まる4K放送では、新たな放送波を使用した4K放送も開始されるため、どの放送局を見たいかによって、必要な設備や対応が異なります。

既存のBSアンテナ(2K)の場合

  • 現在、アンテナ経由でBSを視聴されている方は、NHK BS4K、BS日テレ4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSテレ東4K、BS フジ4Kのチャンネルが見られます。
4K(対応)テレビ+4K対応チューナー+既存のBSアンテナ(2K)→BS4K:NHK BS4K,BS朝日 4K,BS-TBS 4K,BS テレ東 4K,BSフジ4K+地デジ・BSデジ 4K(対応)テレビ+4K対応チューナー+既存のBSアンテナ(2K)→BS4K:NHK BS4K,BS朝日 4K,BS-TBS 4K,BS テレ東 4K,BSフジ4K+地デジ・BSデジ

2K4K8K対応BSアンテナの場合

  • 全ての4K放送を視聴されたい場合は、アンテナに加え、ブースター、分配器など、途中機器の改修(交換)が必要な場合があります。
4K(対応)テレビ+4K対応チューナー+BS・110度CSアンテナ(2K・4K・8K対応)→BS4K(BS右旋):NHK BS4K,BS朝日 4K,BS-TBS 4K,BS テレ東 4K,BSフジ4K+新しい放送波(BS左旋)+地デジ・BSデジ 4K(対応)テレビ+4K対応チューナー+BS・110度CSアンテナ(2K・4K・8K対応)→BS4K(BS右旋):NHK BS4K,BS朝日 4K,BS-TBS 4K,BS テレ東 4K,BSフジ4K+新しい放送波(BS左旋)+地デジ・BSデジ

BS・110度CSアンテナ(2K・4K・8K対応)で見る場合のご注意

新しい放送波(左旋)の放送も視聴する場合、アンテナ交換に加え、ブースター、分配器など途中機器の改修(交換)が必要な場合があります。

右旋円偏波(従来の放送波)と左遷円偏波(新しい放送波)。途中機器が左遷円偏波(新しい放送波に対応していない場合、途中機器の改修(交換)が必要です) 右旋円偏波(従来の放送波)と左遷円偏波(新しい放送波)。途中機器が左遷円偏波(新しい放送波に対応していない場合、途中機器の改修(交換)が必要です)
アンテナが左旋円偏波(新しい放送波)に対応していない場合

アンテナの交換が必要になります。

途中機器が新しい放送波(3224MHz)に対応していない場合

BS放送や110度CS放送には、電波の回転方向が右回りの右旋円偏波と、左回りの左旋円偏波があります。
現行のBS放送などは右旋円偏波(以下、右旋)が使用されています。
2018年12月から始まる4K放送では、新たに左旋円偏波(以下、左旋)の放送もスタートします。
左旋の電波は、アンテナで受信した後、従来の右旋の信号より高い周波数(2.2GHz〜3.2GHz)に変換されて宅内の配線で伝送されます。
このため、視聴にはアンテナ交換に加え、ブースター・分配器・壁面端子・分波器・の交換も状況によって必要になります。

電波が外部に漏れる場合

アンテナで新4K8K衛星放送(左旋円偏波)を見る場合、電波が漏れて無線LAN等に干渉しないよう、電波が漏洩しない設備が必要です。そのため、機器の交換が必要となる場合があります。
電波が漏れてしまうと、衛星放送の受信障害が生じたり、無線サービスの速度低下や通信不良が生じることがあります。

  • ※1 4K放送をご覧になるには指定のチューナーのご利用とHDMI2.0/HDCP2.2の規格に対応した4K対応テレビが必要です。
  • ※3 チャンネル数はご提供する専用チューナー経由でご覧いただける、地上デジタル放送とBSデジタル放送を含みます。