あたらしいを、あたりまえに J:COM

企業理念

私たちは企業理念「もっと、心に響かせよう。もっと、暮らしを支えよう。明日を、未来を、拓いていこう。」の実現に向け、大切にする価値観と行動指針であるJ:COM WAYの実践を通じて、サステナビリティ経営を推進していきます。

トップメッセージ

“あたらしいを、あたりまえに”
の実現により
お客さま・地域社会が豊かで
あり続ける未来をつくる

代表取締役会長
芳賀 敏

代表取締役社長
岩木 陽一

J:COMは、「もっと、心に響かせよう。もっと、暮らしを支えよう。明日を未来を拓いていこう。」という企業理念のもと、1995年の創業から地域密着型の放送・通信事業者として、ケーブルテレビ、インターネット、固定電話、モバイルなどの暮らしを支えるサービスを展開してきました。また、映画・番組の制作、配信などの映像エンタテインメント事業を通じ、国内外の多様な映像コンテンツをお届けしています。これらの事業を通じて、日々改善と独創的・創造的な取り組みを続けることで、お客さまへの提供価値を高め、より良い社会、未来を創っていくことが当社の使命であると考えています。
私たちを取り巻く環境や社会が大きく変化するなか、未来の世代が安心して暮らしていくことができるよう、いま行動することが求められています。私たちは、環境・社会の持続可能性と事業の持続的成長を両立するサステナビリティ経営を通して、放送・通信を含む多様な事業を展開し、社会に対する責任を果たして参ります。
また、より一層スピード感をもって事業を通じた地域の課題解決と発展に貢献し、地域社会とともに成長する企業を目指すため、ブランドメッセージ「あたらしいを、あたりまえに」の実現に向けた挑戦を、グループ一丸となって続けてまいります。
今後とも、J:COMグループへの一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役会長 芳賀 敏
代表取締役社長 岩木 陽一

企業理念体系

企業理念、J:COM WAY、サステナビリティ経営方針、中期経営計画は従業員が意識し実践すべきものであり、相対するブランドメッセージ、マテリアリティ、2030年の目指す姿はあらゆるステークホルダーとの約束です。
また、普遍的かつ概念的な企業理念を上段に、長期的なサステナビリティ経営方針を中段に、中期的・短期的かつ具体的な計画を下段に位置づけ、それぞれの関係性を明示しています。

企業理念

グループすべての社員の拠りどころとなる目指す姿

もっと、心に響かせよう。
もっと、暮らしを支えよう。
明日を、未来を、拓いていこう。

"Let’s be more inspiring. Let’s be more supportive. Let’s be a pioneer for tomorrow, the future.”

「心に響かせよう」には、
良質なエンターテインメントとサービスをさらに進化させ、心がふるえるような感動、
毎日のちょっとした喜びや新しい発見をお届けしたいという思いを込めています。
同時に、誠実な対応が心に伝わること、人と社会と響き合っていきたいという願いも表現しています。

「暮らしを支えよう」は、
ちょっとした問題解決の手助けからさまざまな分野で暮らしをサポートする、
日常に不可欠な存在を目指していくという決意を述べています。

私たちは、小さな改善と独創的・創造的な取り組みを続けることで、
今日そして明日の提供価値を積み重ね、より良い未来を「拓く」ことを約束します。

J:COM WAY

企業理念を実現するために、私たちが大切にする価値観と行動指針

<価値観>

<行動指針>

❶ CHANGE
CHALLENGE
CREATE

  • より良い未来を拓くため、高い志とスピード感を持って新たな価値の創造に挑戦します。
  • 日々改善を積み重ねるとともに、常に変革を起こし続けます。

❷ すべての人を大切にする

  • お客さま、パートナーの皆さま、従業員などすべての人々を尊重します。
  • 常に感謝の気持ちを忘れず、誠実かつ謙虚に振舞います。

❸ お客さまに寄り添う

  • すべての業務の向こう側にお客さまがいることを意識し、迅速かつ柔軟に対応します。
  • お客さまの声に耳を傾け、想像力を働かせ、一歩先を行く価値を創造しお届けします。

❹ コミュニティをつなぐ

  • 地域をはじめ、さまざまなコミュニティを通して人と人をつなぎます。
  • コミュニティとの関係を深め、共に新たな価値を生み出します。

❺ 社会の期待に応える

  • 365日安定したサービスの提供を通じて安心・安全な社会を目指し、一人ひとりが考え行動します。
  • 広い視野と豊かな発想で、社会に感動と彩りをもたらします。

❻ J:COMプライド /
一人ひとりの誇りと責任

  • J:COMの一員として誇りと責任を持ち、自己研鑽に励み、自律的に行動します。
  • 会社の代表であることを自覚し、コンプライアンスを遵守するとともに、高い倫理観を持って行動します。

❼ ワンチームスピリット

  • 一人ひとりの個性を尊重し、互いに支えあい、力を引き出しあうことでチームとして成長します。
  • チームは自ら明確な目標と戦略を掲げ、最後までやり抜きます。

ブランドメッセージ

お客さまに「約束」する価値を表したもの

あたらしいをあたりまえに J:COM

あたらしい技術やサービスは、未来をすこし先に進めてくれる。

そして、そのあたらしい未来がみんなのあたりまえになったとき、世界はすこししあわせになれる。

と、J:COMは思うのです。

だから、つくりたい。

テレビもネットも関係なく、だれでも自由に見たい映像と出会えるプラットフォームを。

デジタル時代の安心と快適を支えるライフサービスを。

あたらしいことが、むずかしいことではなくなる未来を。

それは、テレビ、通信、電力、ガスなどの生活サポートで、お客さま一人ひとりとのつながりを大切にしてきた、 わたしたちができることだと信じているから。

J:COMは、あたらしいワクワクやしあわせを、みんなの日常にしていきます。

あたらしいを、あたりまえに
~私たちの取り組み~

お客さまの快適な暮らしを支え、地域社会に貢献するため、“あたらしいを、あたりまえに”の実現に取り組む、J:COMの活動についてご紹介します。

私たちの取り組み2023(総集編)

(「あたらしいを、あたりまえに~私たちの取り組み2023」再生時間:3:00)

#1 確かな技術力でサービスを支える

(「あたらしいを、あたりまえに~私たちの取り組み~#1 確かな技術力でサービスを支える」再生時間:1:30)

#2 お客さまに寄り添う

(「あたらしいを、あたりまえに~私たちの取り組み~#2 お客さまに寄り添う」再生時間:1:30)

#3 地域の期待に応える

(「あたらしいを、あたりまえに~私たちの取り組み~#3 地域の期待に応える」再生時間:1:30)

#4 イノベーションへの取り組み

(「あたらしいを、あたりまえに~私たちの取り組み~#4 イノベーションへの取り組み編」再生時間:1:30)

J:COMのロゴ、ブランドメッセージの変遷

J:COMは、1995年1月に住友商事と米国のTCI社(現 米国Liberty Global, Inc.)との合弁事業である株式会社ジュピターテレコムとして発足しました。ローマ神話の全知全能の神「ジュピター」と、太陽系最大の惑星「木星」に由来する社名から、ロゴマークも木星をモチーフとしました。2000年、当時ケーブルテレビ業界第2位のタイタス・コミュニケーションズとの統合を機に、ブランド名を「J-COM Broadband」に、さらに、2005年には、ブランド名を「J:COM」に変更しました。
2010年、KDDI(株)が経営に参画。KDDIと住友商事が筆頭株主となり、2014年4月には、業界第2位のジャパンケーブルネット(JCN)と合併。新生J:COMとして、新たな企業理念「もっと、心に響かせよう。もっと、暮らしを支えよう。明日を、未来を、拓いていこう。」を制定、ブランドスローガンを「もっと、あなたに響くこと。」としました。
2021年7月、「JCOM株式会社」に社名変更、ブランドメッセージを「あたらしいを、あたりまえに」に変更しました。
ふたつのものを繋ぐ、結び付けるという意味を込めた「J:COM」の「:(コロン)」にならい、J:COMは、お客さま、地域社会に常に寄り添いながら、あたらしいワクワクやしあわせを、みなさまの日常にしていきたいと考えています。

J:COMのロゴ、ブランドメッセージの変遷年表

2030年の目指す姿

2030年までに実現したい当社の在り方を表現

暮らしのうれしいと地域のゆたかさを進化させるパートナーへ。

暮らしのうれしい。
それは、日々の生活の便利・快適・安心から生まれる喜び。
魅力溢れるエンタテインメントとの出会いがもたらす楽しさや感動。

地域のゆたかさ。
それは、それぞれの地域が、歴史・文化に育まれた個性のもとに、
よりいっそう活性化し、そこに暮らす人々の人生が、
充実したものになっていくこと。

私たちJ:COMは、
「暮らしのうれしい」と「地域のゆたかさ」を進化させ、
一人ひとりのお客さまや地域社会とともに、
より良い未来を拓いていきます。

ページトップへ戻る