株式会社インタラクティーヴィ:番組審議委員会

放送番組の編集の基準

1. 当社は言論及び表現の自由を守り、また、民主主義の精神に従い、基本的人権と世論を尊び法と秩序を尊重して、社会の信頼にこたえる放送を行う。
また、放送の社会的責任と電波が国民共有の財産であることを重く受け止め放送番組を編集する。
尚、当社放送番組編集基準については、下記の方法により公表するものとする。

(1) 弊社が行う放送
(2) 弊社事務所での備置き
(3) 弊社ホームページ

(1) 人権・人格・名誉

ア 人命を軽視するような取り扱いはしない。
イ 個人や団体の名誉を傷つけたり、信用を損なうような放送はしない。

(2) 宗教

宗教に関する放送は、信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。

(3) 政治

政治上の諸問題は、できるだけ多くの視点から論点を明らかにし、公正に取り扱う。

(4) 家庭と社会

ア 家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
イ 暴力行為は、どのような場合にも是認しない。

(5) 犯罪

犯罪については、法律を尊重し、犯人を魅力的に表現したり、犯罪行為を是認するような取り扱いはしない。

(6) 性表現

性に関する事柄は、視聴者に困惑・嫌悪の感じを抱かせないように注意する。

(7) 表現

ア 下品な言葉遣いはできるだけ避け、また、卑猥な言葉や動作による表現はしない。
イ 人心に恐怖や不安又は不快の念を起こさせるような表現はしない。
ウ 細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法などについては、視聴者、特に児童や青少年の身体への影響に十分、配慮する。

(8) 広告

広告はわかりやすく適正な表現を用い、視聴者に錯覚をおこさせるような表現をしない。

(9) テレビショッピング番組

関係法令を順守すると共に、事実に基づく表示を平易且つ明瞭に行い、また、誤認させる表現は避け、視聴者の利益を損なわないようにする。

(10) 青少年保護

一般社団法人衛星放送協会放送基準に準じ、青少年保護に努める。
さらに、時間帯に応じて児童・青少年の視聴に十分配慮するとともに、青少年や、保護者による児童への配慮が必要であると判断される場合、番組冒頭での事前表示や有効な方法による事前表示を行う。