事業内容 メディア事業

映画・映像製作

まだ見たことのない映像を。
誰も味わったことのない感動を。

劇場映画の製作・配給からパッケージ販売・番組販売、ライツ企画製作まで総合的な事業展開を行うアスミック・エース。また、映像コンテンツにとどまらない多面的な企画製作にも積極的に取り組んでいます。

心沸き立つ映画を創り、届ける―
劇場公開作品の企画・製作・配給

2019年は、中野量太監督作『長いお別れ』、蜷川実花監督×小栗旬主演『人間失格』など注目作が公開。これまでも『カメラを止めるな!』『へルタースケルター』など社会現象を巻き起こした話題作や『舟を編む』『関ヶ原』など日本アカデミー賞に輝くヒット作を多数送り出し、その企画製作力・配給宣伝力は高く評価されています。また『FIGHTERS THEMOVIE~Challenge with Dream~』などのドキュメンタリー、『TAXi』シリーズなどの洋画、『劇場版すみっコぐらし(仮)』などのアニメといった多彩なラインアップの映画配給や映画・TVドラマのビデオソフトの企画販売・ライセンス供給を行い、優れた映像コンテンツを紹介しています。

カメラを止めるな!
©ENBUゼミナール

長いお別れ
©2019『長いお別れ』製作委員会

アニメ、バーチャルアーティスト、AR/VR ~
映像を核としつつ多面的なライツ事業を展開

ARアーティスト『ARP』によるライブの様子
©YUKE'S Co., Ltd. All Rights Reserved. ©ARPAP

河森正治監督作『重神機パンドーラ』や超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』といったTVアニメの放送から配信、商品化、海外へのライセンス販売、また、ARアーティスト『ARP』のライブ事業参画など、映像を核としながら幅広い事業を展開しています。
イラスト・漫画制作の株式会社フーモアや、マンガ雑誌「月刊ヒーローズ」を出版する株式会社ヒーローズ、AR/VR技術を誇るダイナモグループとの業務提携や、中国大手家電メーカー小米へのVRコンテンツ提供など、「IP(ライツ)」×「新市場」×「新技術」をキーワードに、最適な事業パートナーとともに新事業領域の開拓に取り組んでいます。